―御鱈河岸―

おんたらかし

硝子玉の世界  序説+1話

この世界は3本しか脚がない極めて不安定な造りのテイヴルであり、そのテイヴルの脚は常に貪欲な鼠どもの切歯によって齧られ続けて、もはや3本の脚の一本は崩落の一途を辿るのみである

けれどそのことは、あくまでテイヴルを主にした考え方であり、鼠どもの考え方で言えば。

この世界は食料が無尽蔵にある      とこしえの花薗のような穏やかで過ごしやすく居心地が良い場所だと残念ながら錯覚をしていた

 

テイヴルはまもなく支えを失って何処ぞへ転がり墜ちていくだろう。勿論、鼠たちも一蓮托生でありその結末は…

 

 

昔ある暇な代書屋が言っていた。

「俺のところにお客が来ないのは、俺の字が汚いからでなく周りが美男美女しかいなく手紙を送る必要がないからではないのだろうか?」

 

この暇な代書屋の教訓は、教訓が無いことが教訓であると云われている。

いつもいつも先人の言動に頼っても仕方ない、世の中は常に更新されているので自分たちで少しは考えないといけないこともある

 

そうこれからお話するある男の話も、彼がどうにかするしか先には進めず下手を打てば堂々巡りになる恐れすらある、そんな場合先人の言動など実際、消しゴム付鉛筆の消しゴムぐらいの役にしか立たない。

 

さぁ。お話が始まりますよ

クリック?

クラック!

 

 

 

四方を紺碧なる海に堅められ、内を獰惑なる杜で蔽われた八百万の神が住まうと謂われている摩訶不思議な国、日本。

この国には昼(ちゅう)鵺(や)、宙屋(ちゅうや)を問わず無作法に、魔蟇魍魎なモノが巣食っていた。

 

しかし、魔蟇魍魎なるモノ達は、時が移ろい人が移ろう度に姿を逓減するように惨めに哀れにときに担がれ変化していった。

つまり彼らにとって人間とは、何とも利己的で理解不能で変幻自在に自分たちのスタイルを変えれる不思議傲慢な本能の生き物であるようで、

そもそも、はじめに居たのは彼ら魔蟇なるものとその眷属であり、人間なんて生き物は彼らが〝浮きの眠り〟に就いている間に勝手に猿から変化し、いつのまにやらそこら中に繁茂していたのである。

それが今日では、この地上の覇者まで昇り詰められてしまったのだ。

 

そこで魔蟇なるものたちは考えた

如何にして彼ら人間の数を間引いていくかを…

 

 

 

第1 春香の時候

 

 

悲哀に満ち啾啾とした音色が耳元で、否。

耳の内側から聞こえてくる。

その音色には、色色な自然の音が十重二十重(とえはたえ)となっている。

中でも木の枝と枝が擦れあう音と、多量に敷き詰めあい重なりあった枯れ落ち葉が一斉に舞い上がる音が他の音よりも大きく聞こえてくる。

その中での音を拾い集めていくと、何やら奇妙な音が混じっていることに気が付く。

その音は、動物の鳴き声にしては鳴いていなく、どちらかといえば普段生活していてよく耳にするような音である。

かといって生活音かといえばそうではなく。

どちらかという、もっと頻繁に聞くような周波数の音のようである。

 

目を閉じ、両手を耳に当て耳を両手で畳み、音に集中してみると、その正体がジワリジワリと露わになっていくのが解る。

 

「……ッッッッッ…_>>ゥゥゥ……」

何やら、獣とかの声?とは少し違い…

 

「……ぉぅま……#####ぉぁ…」

先程より、より鮮明に聞こえてくるのがわかる。

もっとよく聞こうと思い耳を凝らしてみると…

 

「おまえは…わたしのぉこぁえが…きぃこぉえるのぉか…」

 

 

そう云われると同時に、目の前の光景が反転し、流転し、突然広く暗い山と、どんよりとした黒色に不自然なまでの朱い絵の具を不気味に混ぜたような空が現われた。

そこで彼、奥田正樹は気を取り戻した。

夢から醒めた彼は、両脇の汗と顔一面に溢れ出ていた汗を流すため洗面台へ向かった。

向かった先で彼は洗面所の様子が、どこかいつもと違う気がした。どこが違うのかといわれると形容しがたいが、何かがどこかおかしいのだ。

この違和感がとても気になりだした奥田は、眠気眼を擦りつつ辺りを見渡した。

すると、どこがおかしかったのかやっと気が付いた。

洗面所の見た目自体は何も変わっている様子はないが、どこからか雨の雑木林や森で発される、あの一種独特な鼻を刺す臭いががしてくるのが分かった。

気になりその臭いの発生元、つまり臭いがしてくる方を辿っていくとどうやら風呂場に行き当たった。

ついに臭いの発生源を突き止めた奥田は、風呂場のガラス扉を横に流し開け中へ入ろうとした。すると不思議なことに先程までしていた臭いが消えて去り、その代わり風呂場の洗い場に様様な、山の木木の枝から抜け落ちた無数の枯れ葉が堆積していた。

その枯れ葉を捨てようと、手を枯れ葉に向けると、

一瞬異様な光景が目に飛び込んだ。

不自然に排水溝の周りだけ枯れ葉が無いのである。

あたかも誰かが先にそこだけ掃除してくれたかの様に…

しかし、奥田は現在故郷の実家を離れ、瀬戸内海側にある地方都市の大学に通っていて、その大学の近所に安アパートを借りて独り暮らしをしているのだ。

だから、誰も部屋を掃除してくれる人など居ないはずなのだが?

暫く不思議そうに排水溝を見つめていると、排水溝がいつもよりも黒い気がした。

変哲なることだと思い、目を凝らしもっと近づいて見ると、

排水溝のなかから、〝ぶしゅぶしゅ〟と云う異様な音を立て合いながら這い上がってきている夥しい数の蟲と蟲と蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲

それらが蠢きながら今こちらへ、否。

奥田へ向かって流れ込もうとしている。

 

奥田は一刻も早くこの場から逃げ出そうと思い、枯れ葉を踏み払いながらガラス扉を開けようとした。

 

その刹那。

 

無数の枯れ葉の中から触手に近い形をした白磁の手が、重なり合い互いを千切り合いながら襲って来た。そしてその白磁の触手は奥田の手と足と首と両脇を掴み蠢き這わせ、枯れ葉の中へ引きずり込まれる形で奥田は墜ちていった……

落日の栄光 敵性勢力現る〈夜闇を跋扈する四又の魔女〉

最悪の日とは最悪な朝から始まるものだ。

今朝方シャワーを浴び、バスタオルで体を拭き髪を乾かし、久しぶりに体重計に乗ってみたら、2キロ増加していた。最低だ。

心身の安定の為、体重の変化には気に掛けていたのだが…。ついこちらのケーキが美味しくて、食べ過ぎてしまう。自制せねば、菜食主義に戻すべきか?

その次は街へ出掛けようと、スニーカーを履いて歩き出したら紐が切れ、前のめりになりそのままこけ、顔を強く打ちつけた。額から血が流れたが、服の袖口で拭った。幸い今の私の髪は長いので、それを隠すのは造作も無い事だ。たまにはこの長く煩わしい髪も役立ってくれる。

そして私は街へ出掛け、集合予定時間より10分程早く、その場所に着いた。

羽を生やした2柱の女神の彫像が左右に鎮座し、互いの中央に有る大きな丸時計を押し合っている、針を見ると時刻は12時50分を示していた。

集合場所には既に竹林がいて、柱に体を預けスマホを弄っていた。

私に気付くと闊達な声で呼び、手を振っていた。

「水野上先輩」

「ごめんなさい、待たせちゃったかしら?」

「僕も今来たところです」

なんとも模範的解答をする男だな。それはさておき。

「まずはどこへ連れて行ってくれるの?」

竹林は頬を赤らめながら動揺した口調で、エスコートし始めた。

「前にラインでも話していた小説が映画化されていまして、それを今から見に行きましょう」

「あなたに付いていくわ」

それからその映画を見て、喫茶店で休憩し外へ出るともう夕方になっていた。

その日は沈む夕日がとても綺麗だった。空全体がオレンジ色に染まり、時期にしては早い日没時間な気がしていた。

そして辺りは急激に暗み始めた。まるで、ビデオの早送りでもしているかの様に。では誰が早送りをしているのだろう?黄昏を作り出しているのは誰彼(たそがれ)か?

竹林が何かに怯えながら話しかけて来た。

「急に暗くなりましたね。先輩、あそこのビルの屋上に奇妙な人影が見えるのですが、見えますか?」

指さす方向を見たが、かろうじで黒い点が見えるだけだった。もう一度目の焦点を合わせて見たが遠過ぎて私には視認出来なかった。

「どんな格好しているか分かる?」

「絵本とかに出てくる魔女の様な恰好していて、手には先端で4つに裂いた槍の様な物を持っています」

「その魔女何人居るの?」

「見る限りでは一人ですが…」

魔女が使い魔も出さず現れる…余程格闘に自信があるのだな。

しかし、魔女何て珍妙な輩、このご時世に現れるものか?

まぁ死者が神の力で蘇ったりするのだから、それも不思議な事では無いのかもしれんな。思えば、以前の私が死んだ日も、ワルプルギスの夜であった。ならばこいつらを呼び寄せてしまったのは私なのだろうか?そうだとするならば、私がこいつらを打ち破ってやらねばならぬ。

「竹林君、君。私の騎士(本音を言えば殉教者)になって呉れない?」

「えっどう言う事ですか?」

私はこの男の目を真っ直ぐに見つめ、穏やかな口調で願いを放った。

「〝わたしの盾となり、矛となり、禍のモノを打ち倒せ〟」

竹林の目は虚ろな物となり、次の瞬間恐ろしい速さで右往左往し、急に何事も無かったかの様に元の場所に戻り、彼は呟いた。

「承った」

いつかの私が、あの場所で〝神為るモノ〟に答えた言葉だ。

彼、否。私の若獅子は、臨戦態勢に入り、主人である私の次なる言葉を待ち望んでいる。

彼の上腕二頭筋と拳が通常の何倍にも膨れ上がり、次に活動を増幅する為に必要な部位が膨れ上がっていく。

私は声に力を込め、言い放つ。

「いけ」

言葉と共に、彼は跳躍して、途中の信号機で更に跳躍し、魔女が居るビルの屋上を目指し、ビルの窓へ壁を登り始めた。

屋上の黒点が動く。

しかし、魔女の儀式が始まるより先に彼の攻撃が到達した。

魔女が槍で必死に防御しようとするが、そんなモノお構い無しに、彼の拳撃や蹴りが放たれ、魔女は態勢を崩し、体の至る所で抉られた傷が出来上がり、そこから血が流れていく。

「偽神め、この様な者が居るなぞ一言も言ってなかったじゃないか、今回は早々に退かさせてもらおうぞ」

それだけ言って魔女は、閃光を放ち暗闇に消えた。

魔女が消えた事で、暗闇は徐々に薄れゆき、茜色の空が現れた。

周囲の状況が通常の物に戻り、彼も私の下へと戻り、姿も戻った。

彼が目を覚ました。

「先輩、僕は?」

「大活躍だったわ」

私は凄く満足だった。落日が素晴らしい程美しく見えた。

私は路上でへたり込んでいた。そして彼は、へたり込む私の膝の上に頭をやり、私と同じ様に疲労困憊でのびている。

そんな状態にやっと気が付いた彼だったが、短時間だが、極度の体力の消耗により、起き上がる事すらも叶わない、それでも何とか起き上がろうとするが、最早腕に、脚に力が入らなかった。

彼は申し訳なさそうに、そして恥ずかしそうに、

「すみません起き上がれ無いです」

「良いわよ。このままで」

「でも…」

夕方の通勤ラッシュ時という事もあり、私達は学生やら勤め人やらの好奇の目にさらされている。そんな物構う物か。

「夕日が綺麗ね」

「そうですね」

要らぬ言葉がよぎる、この国の明治の文豪が、「アイラブユー」とは何かと生徒に聞かれた時、「今宵の月は綺麗ですね」と横に居る女に言ったらしいが、こいつはその事を知っているのか?勿論私はそんなつもりで言ってなど無い。まぁ良い。こいつは一定の成果を上げてくれたのだから。

それにしても、魔女が居るなぞ聞いて居ない、あの神は要らぬ役者を配役してくれたものだ。なんだが眠くなって来た…

 

〝ゴッッ〟

「痛ったぁぁぁぁい」

「…先輩見かけよらず石頭ですね…」

今朝玄関で打ちつけた所を、またしても打ってしまった。

「おのれ魔女よ」

今日は最悪な日だ。